NMN・ニコチンアミドモノヌクレオチド(Nicotinamide mononucleotid)という物質は、私達が今まで体験することのなかった未知なる物質ということではなくて、もともと私達の身体にある物質であり、ビタミンB3の一種なのです。 NMNは私達の身体が健康に若々しく生きるためにとても大事な成分ではありますが、年々年をとるにつれて減少傾向にあります。

実際にNMNの効果として生後22ヶ月のマウスが生後6ヶ月程度の状態まで細胞が若返ったということが実験の結果として報告されており、それは人間にあてはめると60歳から20歳へと細胞が若返る程の奇跡なのです。 そして更にNMNをメスのマウスに投与したら寿命が16%伸びたということなのです。

このような効果はNMNによって絶対に人間にももたらされると信じたいものです。そのためにもサーチュイン遺伝子にも力を発揮してもらわなければならないのです。 サーチュイン遺伝子は長寿に関係する遺伝子です。サーチュイン遺伝子のことを、長寿遺伝子、抗老化遺伝子、長生き遺伝子などいろいろな名前で呼ぶ人たちがいます。

このサーチュイン遺伝子は、細胞分裂に対して大きな役割を発揮してくれると言われています。